チェコ 絵本の使い途

f0354393_22074141.jpg

チェコの社会主義時代の絵本が大好きです。
留学してた頃からしょうこりもなく集めています。

暗い時代だったからこそ、子どもたちの絵本では夢を見せたい。
芸術家たちが厳しい検閲を逃れて比較的自由に表現できる場が絵本であった。
商業主義のためではない、本一冊が装丁も含めて表現としての芸術だった。
ページをめくるたび、ため息をこぼし見惚れてしまう絵本の数々はこんな背景から生まれてきた。
と思っています。

古本屋さんでひたすらページをめくり、心惹かれるものを手にしていく。
その過程で好きな挿絵画家は自然と決まっていきました。
いまだにチェコに行くと古本屋さんに足を運んで十数冊は買ってしまいます。

新たな出会いばかりではなく、もうすでに持っているものに出会うことも。
2冊目はこんな基準で選ぶようにしています。
インテリアとして飾りたいほどの挿絵が載っているか。
つまり、ばらして飾るということです。
高価なときは諦めています。

2冊目と言っても、版によって表紙や装丁が違うときもあるので…
どちらを本として残すのかは悩ましく、両方残す場合もあります。

そんな2冊目も少しずつ溜まってきました。

f0354393_23031534.jpg

その解体作業はなかなか進みませんが。
とりあえず、ばらしてあった1冊から夏らしい1枚を選んでみました。

f0354393_23083536.jpg

人魚姫です。
トルンカ挿絵のアンデルセン童話集より。

挿絵のない文字のページは封筒にしたり、額装するときに試しに使ったり。

額もチェコに行ったときに古いものを集めています。
今ほど便利な仕様にはなっていないので、裏はテープ止めですけどね(^v^)
入っているガラスも荒削り。

本としての楽しみ、額装の楽しみ。
古本屋さん巡りはまだまだ続きます。

[PR]
# by dumpanenky | 2017-06-27 10:06 | チェコのこと | Comments(0)

FESTIVAL MATEŘINKA

f0354393_21065508.jpg

北ボヘミアはLiberec(リベレツ)という町で。
2年に一度"MATEŘINKA"(マテジンカ)とう人形劇フェスティバルが開かれます。
チェコ各地はもとより海外からの人形劇団がこの地に集まるのです。
ホームページによると、コンペなのですね。

私がはじめてこのお祭りに行ったのは2003年。
慣れない海外生活を送りながらも、チェコの人形劇に触れたくて触れたくて仕方なかったときのことです。
友人を誘ってホテルを手配し1泊2日でこの町に出かけました。
町の中心部にはゾウのバルーンが浮かび、フェスティバル独特の雰囲気。

f0354393_21511463.jpg

懐かしい3枚のチケットが。

f0354393_21515109.jpg

事前にe-mailで予約をしていたのだと思います。
その場で買ったチケットもあったのかな?
1日目はチェコの人形劇をはしごしました。
憧れのNaivní divadlo(ナイヴニー劇場)に入れたことも感激だったんだろうな。
その昔、世界ウルルン滞在記という番組で佐伯日菜子さんが訪れたのをテレビで見ていたのです。
町の劇場で観た「アリババと40人の盗賊」は今でも覚えています。
オペラやバレエを観るような劇場での観劇でした。

2日目はトレーラー(トップの写真に映っている赤いのがそうです)でフランスの人形劇を。
狭ーい真っ暗闇の空間で観る一人人形芝居も印象的でした。

また来る!!
人形劇はやっぱりボヘミア地方だ!!!
(ブルノからの遠征はなかなか大変なのです)
それから2年後の2005年。
プラハに半年ほど滞在し、2度目のMATEŘINKAを訪れたのは言うまでもありません。

2017年はちょうど今日からのようで、いろいろと思い出してしまいました。
6月13日~17日のようですね。
MATEŘINKAの情報はナイヴニー劇場のホームページで確認できます。
奇数年の6月(おそらく)に開催です。

[PR]
# by dumpanenky | 2017-06-13 22:40 | チェコのこと | Comments(0)

Accordionist

f0354393_17425501.jpg

[PR]
# by dumpanenky | 2017-06-08 09:27 | チェコのこと | Comments(0)

Painter

f0354393_17253365.jpg

カレル橋で。

f0354393_17255570.jpg

別の場所でもお見かけしました。

[PR]
# by dumpanenky | 2017-06-06 00:05 | チェコのこと | Comments(0)

夕暮れどきの闇

f0354393_17142366.jpg


[PR]
# by dumpanenky | 2017-06-04 17:16 | チェコのこと | Comments(0)

箱庭感

f0354393_17091522.jpg

後ろに見えるプラハの町の箱庭感が気に入っています。
ちょっと嘘っぽい感じがしませんか。

[PR]
# by dumpanenky | 2017-06-02 17:18 | チェコのこと | Comments(0)

11月に


f0354393_22041993.jpg

4か月のご無沙汰でした。
2月は転職準備、3月は退職、4月からは新しいお仕事と、ばたばたばた…

先日のトルコ航空のプレミアムサードフライデーキャンペーン。
なんとチェコ往復5万円ちょっと。
燃料費もタックスも込みです。
これはかなり心揺れまして、チケットを買ってしまいました。

11月の中ごろにブルノに一週間、プラハに一週間の予定です。
わーい、久々のブルノだ!
マーヘン劇場でバレエを観るのです。
一年住んでいたのに入ったことない…ので、楽しみです。
あとは日帰りでブラチスラヴァとウィーンに行きます。
レヒネル・エデンの教会とアム・シュタインホーフ教会!!
プラハでのバレエは「ヴァルモン」がおもしろそうだな、と思っていたのですが。
しかも、エステート劇場!
(行ったことないのです)
Subscriptionってなに?!
とにかく個別販売ではないということですよね。
観るチャンスはないのかなー?

ドイツやハンガリーにも行きたかったけれども、今回は諦めました。
なんだかんだでチェコになっちゃうのよね。
ロシアにも行くって言っていたのに。

[PR]
# by dumpanenky | 2017-05-31 23:16 | チェコのこと | Comments(0)

トーマス・ルフ展

f0354393_15560074.jpg

金沢に足を運んだら。
行ってみたかったのが21世紀美術館

そのときの企画展はトーマス・ルフ展。
予備知識まったくなしで見ましたが、おもしろかったです。
写真表現の多様さはもちろんのこと。
その作品からは社会主義時代のドイツが垣間見れます…♡
ポートレート写真の襟元にきらめくレーニンバッジにきゃあ、きゃあ( *´艸`)

会期は2017年3月12日(日)まで。

[PR]
# by dumpanenky | 2017-01-28 16:00 | 日本のこと | Comments(0)

ブダペストの月

f0354393_23291102.jpg


思い立ってブダペストのアルバム作りをしています。
6年前、母と訪れたときのです。
町の光と同じくらいに、いやそれ以上に強く光る月を思い出しました。

[PR]
# by dumpanenky | 2017-01-10 23:32 | 東ヨーロッパのこと | Comments(0)

ひらみぱん

f0354393_16344459.jpg

金沢旅行のこと少し書きます。
年末年始の滞在ゆえ開いているお店は限られているなか…
営業されていたお店が「ひらみぱん」です。

パン屋さん兼ビストロとなっていて、予約なしでは席には座れない盛況っぷり。
そんなことはつゆ知らず、普通に足を運んでしまいましたので。
席が空いたら電話で呼んでいただくという形で予約をお願いしました。

中に入ると味わいのある素敵なインテリアでととのえられた空間で、食事前からドキドキ。
ランチコースをオーダーしました。

f0354393_16504025.jpg


最近思うのですが、青いお皿ってお料理が華やかになりますよね。
言わずもがな美味しいランチとなりました。
お料理と一緒にいただくパンが美味しいったら。
口に運ぶ前に粉の香りがふわっとして、温められたパンはとても美味しい。

お料理と一緒にお花が添えられていたり、目でも楽しませてくれる盛りつけ♡
カップにかけられた魔法はぜひ…
ご自身で体験されてください( *´艸`)

f0354393_16585584.jpg

Bistro ひらみぱん
〒920-0865  石川県金沢市長町1-6-11







[PR]
# by dumpanenky | 2017-01-06 08:48 | 日本のこと | Comments(0)

チェコブログからお引越し  日本からみたチェコ、日々のこと


by panenka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31